ROAD to OKINAWA

ヴィンチェンツォ・ニバリをイメージして

CYCLE SPORTS先月号の特集「常識やぶりのヒルクライム術」を読んでいたら興味深い記述があった。
a0126046_059323.jpg

今までは「体の重心はサドルの真上」というのがセオリーだったけど「重心を左右に移動させる事でパワフルなシッティングを可能に」という内容で、一流選手はほぼ全員この動きをしていると書かれていた。

たしかにレース中継を見ていると体を左右に揺さぶりながらペダリングしている選手をよく見る。特にリクイガスのヴィンチェンツォ・ニバリは大きく体を動かしながらグイグイとペダリングをして山を登って行くようなイメージがある。

さっそく今日、大垂水峠にて試してみた。
ポイントは「頭の位置を踏み込む側に動かし、足首、膝、骨盤、頭の4点をまっすぐにしてペダルに体重をしっかり乗せる事」とCYCLE SPORTSの記事には書かれているのだけど、いざやってみるとこれがなかなか難しい。

あまり上手くは出来なかったものの、大垂水峠の自己ベストを更新する事が出来た。
まだ全く絞れていない体(昨年比・体重+8kg)で良いタイムが出せたという事は期待が持てる。しばらくこのペダリングを練習してみよう。
a0126046_1212074.jpg




by suzutakatwo | 2012-06-24 01:31 | 自転車 | Comments(0)

自転車生活
by タカツ
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新のコメント

富士ヒルお疲れ様でした。..
by tony at 13:15
富士ヒル走ってきたよー ..
by suzutakatwo at 03:41
富士ヒル出てたんですね~..
by まさお at 14:22
>はじめましてさん コ..
by suzutakatwo at 09:05
なんサン コメントあり..
by suzutakatwo at 07:48
お邪マムシします♪ 僕..
by なん at 08:55
> まさおクン その2..
by suzutakatwo at 01:02
やっと退院しました(苦笑..
by まさお at 12:11
> まさおクン 身体の..
by suzutakatwo at 21:53
富士ヒルで会いたかったで..
by まさお at 18:59

検索

タグ

ブログジャンル